がまくんとかえるくんの日常❹ 隠れて落ち葉集めをするふたり『おちば』

がまくんとかえるくんの日常❹ 隠れて落ち葉集めをするふたり『おちば』

絵を描くのに忙しくて、本がなかなか読めない時期もあります。

これを読んでる人も、子育てに忙しいお母さんかもしれませんし、

そもそも最近は子供や学生でも何かと忙しいと思います。

しかし……

絵本はどんなに忙しくても大人なら10分で読めるんですよ

そうなんですよ。

一冊読み終えるのに、10分もかからないんですよ。

今日の『がまくんとかえるくん』なんかは、一冊に5話が収録されています。

1話読むのにかかるのは、たった3分です。

それでいてその3分でもれなくほっこり出来るんですよ。

落ち葉の積もる秋のお話

今日紹介するがまくんとかえるくんの話は、季節は秋です。

落ち葉のサイズが大きいのが芸が細かい…

かえるくんが家の前に出ると、あたり一面落ち葉で埋め尽くされています。

絵を見ていると、ふつうの人間と落ち葉のサイズの比率よりも、落ち葉がかなり大きめに見えます。

絵にもよりますが、大きいと葉っぱだとがまくんの家の窓と同じくらあの大きさがあります。

たぶん、「かえるは人間より身体の大きさが小さいから」と思ってます。

かえるくん「そうだ、がまくんちの落ち葉をこっそり掃除してやろう」

さて、かえるくんは家の前に積もった落ち葉をみて、そんな思いつきをします。

一方、そのころ……

がまくん「そうだ、かえるくんちの落ち葉をこっそり掃除してやろう」

さすが親友同士というか、一緒に居なくてもかえるくんと思考が同じがまくん!

ちなみにこの後のふたりのセリフも、お互いほぼ同じことを言ってます。

「がまくん(かえるくん)、きっとびっくりするだろうなあ」

入れ違いに相手の家へ向かう2人

もちろんお互いが相手の家にこっそり出掛けているので、バッタリ鉢合わせ、とかしません。

お互い「びっくりさせてやろう」と思って相手に合わないように、お互いの家のに行ってるので、当然ふたりとも留守な訳です。

というわけで、張り切って掃除を始めるふたり。

無事に落ち葉を片付けて自宅に帰るふたり、だけど……

きれいさっぱりにお互いの家の前を掃除して、やったぜ、しめしめ、的なセリフを言って帰路につくふたり。

でしたが……。

掃除が終わった後、何かの陰謀としか思えないタイミングで、強風が吹き荒れます。

もちろん、ふたりがやっと綺麗に片した落ち葉は、もとの木阿弥になっていしまい……。

お互いの家の前は、再び落ち葉だらけになります。

家に帰ったふたりが、いったいどうするか?

その辺は、本屋さんか図書館にふらっと立ち寄った時にでも、読んで頂くとして……。

大人になってから読み返すと、子供向けだけあって

「え、ここまでひらがなだらけの本だったっけ……?」

と思うしストーリーも極力シンプルなんですけど、話の最後まで読むとやっぱりいい話ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です