アンデルセン『絵のない絵本』全話の解説とあらすじ⓿《もくじ》

アンデルセン『絵のない絵本』全話の解説とあらすじ⓿《もくじ》

『絵のない絵本』さし絵入り本の厳選5冊はこちら

『絵のない絵本』モチーフにしたアクセサリー

 

 

 

月が語る宝石のような33夜の短編集

『絵のない絵本』は、生涯旅行を愛したと言われるアンデルセンならではの、世界中のさまざまな土地が舞台になる詩のような短編集です。

 

全33話一覧リンク

《序文》貧しい画家と月の出会い

《第1夜》ガンジス河のインド娘

《第2夜》メンドリと女の子

《第3夜》牧師館のバラの花

《第4夜》馬小屋の芝居小屋

《第5夜》7月革命とルーヴルの玉座

《第6夜》ウプサラの丘と詩人

《第7夜》海辺の街道をゆく人びと

《第8夜》月が訪れない夜の画家の部屋

《第9夜》グリーンランドの裁判と葬儀

《第10夜》ひとりのオールド・ミス

《第11夜》結婚式の夜

《第12夜》ポンペイと歌姫

《第13夜》批評家たちと詩人

《第14夜》コウノトリと子供たち

《第15夜》新大陸に渡る農民たち

《第16夜》道化師とコロンビーナ

《第17夜》小さな新しいドレス

《第18夜》都市の幽霊

《第19夜》舞台を追われた若い俳優

《第20夜》ローマの王宮の廃墟

《第21夜》サハラ砂漠の商隊

《第22夜》人形を隠された女の子と夜の森

《第23夜》チロルの山の上の尼僧院

《第24夜》ベアテルと糸車と

《第25夜》ロートシルト家の老婦人

《第26夜》煙突掃除の男の子

《第27夜》中国の若い僧侶と娘

《第28夜》海を渡る白鳥

《第29夜》湖のほとりの僧院

《第30夜》ある居酒屋にて

《第31夜》子供たちとクマ

《第32夜》囚人が残したメロディ

《第33夜》寝る前のお祈りと女の子

 

1話あたり2〜5ページのショートショート集

序文を含めると全部で34話ありますが、1話1話は短いので本も薄いものが多く、読みやすいと思います。

アンデルセンの童話は昔話を採集したものではなく、彼の創作による部分が多い文学作品でもあります。
絵本などでは内容が要約されているものも多いので、もともとの作品を完訳したアンデルセンの文章は、けっこう長めのものが多いです。

ですが、『絵のない絵本』は短い話が連なっているので他の作品と違ってショートショートを読んでいる感じがします。

難易度の割に、解説つきの本は少ない

『絵のない絵本』は舞台がヨーロッパを中心にいろいろな土地での話になるので、予備知識がないと分かりづらい話も混ざっています。

その割に、分かりやすく詳細な解説のある本は案外手に入りづらいです。
あまり活字に慣れていない人は、まずは図書館などで子供向けの本を手に取るのをお勧めします。
おススメの本については、上記のリンクをご覧ください。

全ての章のあらすじ、豆知識などを一覧にまとめてみました。

✳︎各章のタイトルは、わたしが勝手に便宜的につけたものです。
原題ははシンプルに「第◯夜」と書かれているだけです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です