人気の記事

苺や蓮やマカロニが怖い人、注意。集合体恐怖症と『邪悪な植物』

苺や蓮やマカロニが怖い人、注意。集合体恐怖症と『邪悪な植物』

「マカロニが気絶しそうなほど怖い」 以前、たしかツイッターだったと思うのですが 「マカロニ […]

間取りに飢えた狼たちに捧ぐ。間取り好きマニア心くすぐる『ヨーロッパの住宅広告』

間取りに飢えた狼たちに捧ぐ。間取り好きマニア心くすぐる『ヨーロッパの住宅広告』

少女マンガ『桜蘭高校ホスト部』の あとがきマンガで、アニメ化が決まったとき、 アニメーター […]

お茶会のため山を乗り越し、海を渡る『変なお茶会』−大人になっても楽しい佐々木マキ絵本の世界

お茶会のため山を乗り越し、海を渡る『変なお茶会』−大人になっても楽しい佐々木マキ絵本の世界

みなさんは子どもの頃、学校の図書室でどんな本を借りましたか?

子どもの頃に出会った本は、大人になっても長く印象に残っていたりします。

今日はわたしが小学生の頃に学校の図書室で見つけた絵本を紹介したいと思います。

この絵本はシリーズものではありませんし当時はそれほど大好きな絵本、…というわけではありませんでした。

しかし、その後20年に渡り記憶の片隅に、なんとな〜く居残り続けた
因縁の一冊であります。

結果的に、大人になってから、自腹で買い直しました。

小学校の図書室で見つけた、異彩を放つ小さな絵本

『変なお茶会』
佐々木マキ 著

シンプルな線とビビットな色使いの少しレトロな雰囲気の絵に、短いテキストの絵本です。

サイズは文庫本よりひとまわり大きいくらいのサイズ。

小学生当時のわたしは文章を読むのが苦手だったので、絵本自体が当時はあまり好きではなかったのですが、この本は文字が少ないのですぐ読み終えることはできました。

先にも書いたように、大人になってから買い直しました。

けれど当時は、アニメ調の絵が好きだったので手に取って読みはしたものの、一度読んだら満足して、わざわざ借り出し自宅に持って帰ることもありませんでした。

「今年も例の招待状が届いた」

物語は、主人公?の日本人の男性オオイワ カメタロウ氏のもとへ、
毎年この時期にかならず届くらしい招待状を受け取るところから始まります。

とらんすばーる ろまーな sept. 4. 191X

Mr カメタロウ オオイワ
ヨコハマ,ジャパン

シンアイナ Mr. オオイワ:
ホンネンモ ソロソロ
オイシサウナキセツガ ナリツツアリマス。

ジコクガ 11ガツ 4ニチノ
ゴゴ6ジ3フンオヨテイナンデゴザイマス。

マタ ホカノミナサマニモ
オショウタイシマシテカラ ゼヒ
ホンネンモウチソロイテ オイデ
クダサルオマチシテイマス。

チャリンコで海の向こうへ出発…

オオイワ氏はこのちょっと怪しい日本語の招待状を受け取り、いそいそと

「電気自転車で出かけよう」

と出発します。

自転車で気軽に出掛けるくらいなので、てっきりすぐ題名のお茶会のシーンに移るかと思いきや…

そうではない。

次のページからは、同じく冒頭の招待状を受け取った人びとが、世界の各地から遠路はるばる目的地へ集います。

世界の各地から集まる招待客たち

目的のお茶会は、招待状の発送元の地名が
「トランスバール」となっているので、
するとアフリカ大陸の最南に近い場所で開かれるはず。

皆、かなりの長旅になることは確かです。

なのに交通手段がみんな何だかおかしい。

まだ飛行機がない頃のお話とは思うんですが、それにしても…

遠すぎない…?

インドのライプールに住む理髪師スミラ君は象に乗ってやって来ます。

アントワープの五人兄弟の靴屋は五人乗りの自転車に乗って目的地へ向かいます。

ナントで公証人をしているデュブウ夫妻は自慢の飛行機に乗ってくるのですが、毎年毎年、途中で墜落し、それからはヤギに乗って移動するそうです。

謎のお茶会の全容はぜひ絵本で

そもそも冒頭のオオイワカメタロウ氏からして、横浜で招待状を受け取っているのに、なぜ平然と自転車でアフリカへ
出掛けようと思ったのか分かりません。

ふつうこの時代なら、列車と船を乗り継ぐんじゃ…  ないのか……?

しかも、オオイワ氏は招待状を9月初めに受け取っていて、お茶会は
11月4日に始まる予定なので、ひょっとして、丸々2ヶ月を掛けて旅をしている?

いったいそこまでして向かうお茶会とは、どんなものなのか!?

…と、その辺は本を読んでもらうとして…。

もちろん、小学生当時のわたしは

「トランスバール」や「ライプール」

「アントワープ」「ナント」などの

地名は知りませんでした。

ちなみにアントワープはベルギー、ナントはフランスにある町です。

なので子供の頃は、招待客たち各々の移動距離はどのくらいなのか、

そもそも出て来る地名は実在のものなのか、

架空の地名なのか、分りませんでした。

が、それでも登場人物たちが、お茶会にただならぬ労力をかけて世界の各地から集う風変わりな感じは、当時からひしひしと感じました。

大人になってから買い直した珍しい絵本

先にも書いた通り、当時この絵本は
「ちょっと良いかも」とは思ったものの、
大好きで何度も読み返した本、ではありませんでした。

しかし、当時熱心に見ていたはずのアニメのストーリーはほとんど覚えていないのに、この絵本のお話と印象は中学生、高校生になっても残り続けました。

大人になってから、ある時この絵本が読み返したくなって書店で取り寄せて今は手元にあります。

がまくんとかえるくんの日常❻植木の水やりも食器洗いも『あしたするよ』

がまくんとかえるくんの日常❻植木の水やりも食器洗いも『あしたするよ』

今日のがまくんとかえるくんの話は、全世界の誰もが、耳の痛い話なんじゃないだろうか…と個人的 […]

がまくんとかえるくんの日常❺かえるくんがこない?『クリスマス・イブ』

がまくんとかえるくんの日常❺かえるくんがこない?『クリスマス・イブ』

前に紹介した『がまくんとかえるくん』の「おちば」の次に収録されている1話です。 かえるくん […]

がまくんとかえるくんの日常❹ 隠れて落ち葉集めをするふたり『おちば』

がまくんとかえるくんの日常❹ 隠れて落ち葉集めをするふたり『おちば』

絵を描くのに忙しくて、本がなかなか読めない時期もあります。

これを読んでる人も、子育てに忙しいお母さんかもしれませんし、

そもそも最近は子供や学生でも何かと忙しいと思います。

しかし……

絵本はどんなに忙しくても大人なら10分で読めるんですよ

そうなんですよ。

一冊読み終えるのに、10分もかからないんですよ。

今日の『がまくんとかえるくん』なんかは、一冊に5話が収録されています。

1話読むのにかかるのは、たった3分です。

それでいてその3分でもれなくほっこり出来るんですよ。

落ち葉の積もる秋のお話

今日紹介するがまくんとかえるくんの話は、季節は秋です。

落ち葉のサイズが大きいのが芸が細かい…

かえるくんが家の前に出ると、あたり一面落ち葉で埋め尽くされています。

絵を見ていると、ふつうの人間と落ち葉のサイズの比率よりも、落ち葉がかなり大きめに見えます。

絵にもよりますが、大きいと葉っぱだとがまくんの家の窓と同じくらあの大きさがあります。

たぶん、「かえるは人間より身体の大きさが小さいから」と思ってます。

かえるくん「そうだ、がまくんちの落ち葉をこっそり掃除してやろう」

さて、かえるくんは家の前に積もった落ち葉をみて、そんな思いつきをします。

一方、そのころ……

がまくん「そうだ、かえるくんちの落ち葉をこっそり掃除してやろう」

さすが親友同士というか、一緒に居なくてもかえるくんと思考が同じがまくん!

ちなみにこの後のふたりのセリフも、お互いほぼ同じことを言ってます。

「がまくん(かえるくん)、きっとびっくりするだろうなあ」

入れ違いに相手の家へ向かう2人

もちろんお互いが相手の家にこっそり出掛けているので、バッタリ鉢合わせ、とかしません。

お互い「びっくりさせてやろう」と思って相手に合わないように、お互いの家のに行ってるので、当然ふたりとも留守な訳です。

というわけで、張り切って掃除を始めるふたり。

無事に落ち葉を片付けて自宅に帰るふたり、だけど……

きれいさっぱりにお互いの家の前を掃除して、やったぜ、しめしめ、的なセリフを言って帰路につくふたり。

でしたが……。

掃除が終わった後、何かの陰謀としか思えないタイミングで、強風が吹き荒れます。

もちろん、ふたりがやっと綺麗に片した落ち葉は、もとの木阿弥になっていしまい……。

お互いの家の前は、再び落ち葉だらけになります。

家に帰ったふたりが、いったいどうするか?

その辺は、本屋さんか図書館にふらっと立ち寄った時にでも、読んで頂くとして……。

大人になってから読み返すと、子供向けだけあって

「え、ここまでひらがなだらけの本だったっけ……?」

と思うしストーリーも極力シンプルなんですけど、話の最後まで読むとやっぱりいい話ですね。

がまくんとかえるくんの日常❸綿飴のようなふわふわの『アイスクリーム』

がまくんとかえるくんの日常❸綿飴のようなふわふわの『アイスクリーム』

『がまくんとかえるくん』シリーズの絵本は、かなり有名なので見たことのある人は多いのではない […]

がまくんとかえるくんの日常❷ 春を探しに『そこの かどまで』

がまくんとかえるくんの日常❷ 春を探しに『そこの かどまで』

雨でずぶ濡れになったがまくんとかえるくん 前に収録されている話は、雪が降り積もる真冬のでし […]

がまくんとかえるくんの日常❶『そりすべり』がまくん、ひとりで雪丘を突っ走るの巻

がまくんとかえるくんの日常❶『そりすべり』がまくん、ひとりで雪丘を突っ走るの巻

わたしは神奈川県に住んでいるのですが、真冬でもあまり雪が降らない地域に住んでいます。

『雪の中をそりで滑る』など、フィクションの中だけの遊びだった

 

だから、そりですべるなどという遊びは、絵本やアニメの世界でしか見たことがありませんでした。

何の絵本かといえば、たとえば、今日の絵本「がまくんとかえるくんシリーズの」「ふたりは いつも」に収録されている、あのお話です。

有名な絵本なので、読んだことがある人も多いのではないでしょうか。

いつものように、かえるくんががまくんを遊びに誘います。

 

がまくんは雪が嫌い? そりすべりを断る

 

今日の遊びは、雪が降っているので
「そりすべりをやろうぜ!」という訳です。

しかし、がまくんは玄関のドアすら開けずに一言、

「ごめんだね。」

と、にべもない返事をします。

「ぼくは オーバーもてぶくろも 持ってませんからね。」
(なぜかここだけ敬語のがまくん)

そんながまくんの反応におかまいなしに、かえるくんはズカズカと勝手に家に入ります。

 

かえるくん、なぜか他人の防寒具を持参している

 

かえるくんは、どういう訳か自分が来ているコートやマフラーとは別に、がまくんのコートと手袋をわざわざ持参して来ています(断られるのを予想していたとしか思えない)。

で、無理やり防寒具をがまくんに装着。

がまくんは「たすけてえ!」と抵抗してるみたいなんですが、かえるくん、聞く耳持たず。

ここでがまくんの迷言が飛び出ます。

「いちばん なかよしの かえるが ぼくのこと 殺そうとしてるんだあ!」

そんな抵抗もむなしく、かえるくんに無理やり外へ遊びに連れ出されるがまくん。

久々に読み返してみて、「こんなシーンあったっけ…?」と思いました。

 

 

いざ、雪原をソリで爆走しはじめる二人組

 

そして、やっぱりかえるくんが持参して来たソリに、いざふたりで乗り込み、雪におおわれた丘を滑り始めます。

 

 

…のですが!

 

 

かえるくん、滑り出し早々に(多分開始5秒くらいで)ソリから放り出されます。

 

がまくんはソリの前方に陣取っているため、背後のかえるくんが放り出されたのにまったく気づきません。

 

 

「かえるくん、きみ がいてくれて嬉しいよ。」

と、誰もいない後部席に声をかけ、雪の塊を見事に飛び越えていきます。

 

「きみが いっしょだからね、ぼく そりが あやつれるんだ、かえるくん!」

がまくん、この辺でだいぶノリノリな感じになってます。

 

 

かえるくんの早々の離脱に気づくことなく、ひとりで雪の丘を突っ走り続けるがまくん……。

 

 

さて、この絵本は全国の書店や図書館に置いてあると思うので、オチは絵本を読んでもらうとして……。

 

 

 

派手な色は使わない、落ち着いた絵が魅力の『がまくんとかえるくん』シリーズ

 

久々に絵を見返してみて、思った以上に絵の色数が少なくて意外でした。

線画の黒と、オレンジ、茶色、みどり、グレーの4色くらいの絵がほとんどで、少し灰色がかってくすんだ感じのセピア調の色使いです。派手な色が一切使われていないのですが、それが落ち着いて良いなと感じます。

そういえば、ミッフィーちゃんの絵なんかも、実はよく見てみると色は数色しか使われていないですよね。

では、今日もこれから絵を描くので、この辺で。

青空文庫で小川未明を読む

青空文庫で小川未明を読む

青空文庫と、無謀な思いつき   あなたは電子本を読みますか? わたしは、スマホの […]

大人が楽しめる、面白くて美しい絵本

大人が楽しめる、面白くて美しい絵本

このサイトについて/プロフィール 今日も猫に邪魔されながら、絵を描いています。 ヒトの膝の […]

『アール・ヌーヴォーの華麗なファッションイラスト』

『アール・ヌーヴォーの華麗なファッションイラスト』

皆さんは古本屋はお好きですか? 

わたしは大好きです。

大きな古本屋さんに寄った時は特に目当ての本が無くても、

たくさんの荷物

(ついでに画材などを

まとめ買いする事が多い)が

子泣き爺のごとく肩にのし掛かろうと、

足が疲れていようと…。

負けじと店内を巡回しています。

ネットにはない絵の資料を古本屋で探す

わたしは本屋さんでもよく絵の参考に使う資料を探します。

何を描くかにもによりますが、ネットだけではなく書籍を利用した方が効率的な場合も多いです。

ネットは何と言っても便利ですが、求めている資料とは微妙にずれていたりして合致するものが少ないことも多いと思います。

「お、これはいいかも?」と思った画像の解像度が低かったりして、結局あまり参考にならず悔しさだけが残ったりもします。

「ちょっと、この部分が一番大事なんだけど、ぼやけてる…」

ということもよくあります。

最近の美術書は店頭で立ち読みできない

それはそうと、絵の資料に欲しいような

「できればフルカラーの写真や絵がたくさん載っている、サイズも大きめの本」

は雑誌等も含めておおむね、定価はそれほど安くありません。

だいたい1000円以上のお値段ではないでしょうか?

ネットで本を買う時は、中身を見ることが

出来ない場合が多いので、

「十分に資料として使える内容なのか?」

は、買って届いてから中身を見て初めて分かる、

ということになります。

新品の本を扱う普通の本屋さんでも、最近は漫画本だけでなく、画集や美術書にも、立ち読み防止と思われる薄いビニールカバー(シュリンク)がかけられているお店が増えているように感じます。

古本屋でお宝本を発掘

それは商売なので、仕方がないんですが、お財布の中身が貧弱な学生の時などは、

絵やイラストの資料、モチーフを探す時は古本屋さんにとってもお世話になりました…。(図書館にも)

今日はそんな地道な努力の結果、都内の某BOOK OFFにて捕獲した本を紹介したいと思います。

定価より、かなりお安くなっていて狂喜。

『アール・ヌーヴォーの華麗なファッションイラスト』

石山 彰 編  グラフィック社

19世紀末ごろに描かれた

ファッション画(ファッションプレート)、

銅版手彩色の服飾図版を約90点程まとめた本。

イラストはすべてカラー!

全て女性のドレスの図版で、男性の服装は一切なかったですね。

イラストがメインの本ですが、この時代のファッションにまつわる基礎的な用語や解説も少し載っています。

巻末には全ての図版各々に、5行程度の簡単な解説(プレート解説)つき。

100年以上前に描かれたドレスの繊細なデザインや色彩は、今見てもてもなお美しく色あせることがありません。

綺麗な絵で

ドレスの様式もだいたい分かる

あ、でも、

時代によって当時の流行というか、様式があり

「なんだかこのお姉さん、体型が

砂時計みたいだな」とか、

「袖が、異様にでかい… 空気ポンプで膨らませてるのか?」とか

「お尻が出すぎじゃないですか…?」

とは、感じるかも。

ドレスのデザイン自体は美しくて可愛いんですが、たまに

「あ、あれ? ちょっと待って…?」と

突っ込みたい、何とも言えない

気持ちになるかもしれない。

イラストは年代順に載っています。

最初のページからずっと見ていると、おおよそ10年くらいでドレスの形、シルエットが少しずつ移り変わり新しいデザインと入れ替わる感じ。

「あ、こういうのがこの時は流行ってたんだな」と分かる

構成になっています。

その時代の特徴に関する解説も簡潔に載っています。

日本児童文学の父、小川未明『金の輪』

日本児童文学の父、小川未明『金の輪』

文庫本2〜3ページで終わる短いお話です。 熱を出して寝込んでいた太郎という男の子が、治って […]


人気の記事

月と宝石のような33夜の物語.。アンデルセン『絵のない絵本』おすすめ本5選

月と宝石のような33夜の物語.。アンデルセン『絵のない絵本』おすすめ本5選

全33話あらすじ:もくじ一覧はこちら

『絵のない絵本』モチーフにしたアクセサリー

月が貧しい若者を慰めに語る、33夜の小さな物語

 

「絵のない絵本」の主人公は、貧しい若い画家です。

 

誰も知り合いの居ない街に出てきて、狭くて古いアパートで一人ぼっちで暮しています。

ある時とても悲しい気持ちになって、窓から外を眺めていると、そこへ昔から親しんだ懐かしい姿を見つけます。

 

それは、月でした。

しかもこの月はどうも言葉を喋るらしく、寂しい画家に語りかけます。

「絵のない絵本」は貧しい画家を、月が慰めてくれるという物語です。

月は世界じゅうのあちこちで見た景色を画家に語ってくれます。

 

本音を言いますと「画家が孤独のあまり幻聴を聞いたんじゃないか? 」と思わなくもないです。

画家のモノローグのような序文と、月が語る33の物語の章で構成されています。

 

1章あたりどれも数ページの長さで、珠玉のショートショートといった感じ。各話に必ずオチがある訳では無いのですが、どの話も文章で描かれる情景がとても美しい。

 

旅行家のアンデルセンが旅の体験をもとにえがいたと言われているようです。

 

1ページほどの短い話もあり、散文詩のようでもありますが、短い中に濃やかな感覚が凝縮されています。

 

いろいろな出版社から本が出ている

 

3夜の牧師館のバラの話をもとに長編小説を書いたイギリスの作家もいるとのこと。

 

割と色んな出版社が本を出していますが、元々短い作品のため文庫本は薄くて安いことが多いので、何冊か買い集めました。↓

そろそろどこかが新しいさし絵を付けて、また本を出してくれないかな~、と期待しております。

 

 

さし絵入り『絵のない絵本』厳選5冊まとめ

 

岩波文庫 絵のない絵本(道部順 画、大畑末吉 訳)

私のイチオシです。シルエット画のカットが素敵!お洒落!

カットの点数が多く、文も読みやすいです。

 

岩波文庫のさし絵といえば… さし絵っていうか「もはや歴史の教科書の資料では? 」くらい昔の絵が使われることが多いイメージなんですが、「絵のない絵本は例外」と思ってください。

 

 

集英社 少年少女世界名作の森 16 (牧野鈴子 画、鈴木徹郎 訳)

カバーのオブジェと中の挿絵を担当している人は別です。オブジェとイラストの雰囲気はまったく違うので注意。
(表紙もイラストの方がよかったのでは…)

イラストは優しい色鉛筆画で、とてもオススメ。半数はモノクロページですが見開きでカラーイラストも入っています。

繊細なグラデーションと、美しい色づかいの絵です。全部カラーで見たいな~と思いました。

 

また、中の文章はテキストだけでなく、小さい写真やカットイラスト付きの解説が各ページにあります。
これが実はかなり有り難いと思います。

 

「絵のない絵本」は他のもっと広く親しまれているアンデルセンの童話作品と比べるとより詩的な作品で、予備知識が無いとよく分からない場面も少しありますが、細かく分かりやすい解説が付いている本は少ない印象です。

フォア文庫 絵のない絵本(いわさきちひろ 画、山室 静 訳)

有名ないわさきちひろさんが挿絵を手掛けた本。

 

文庫版の底本になった、ハードカバーの本も童心社から出ています。

 

絵は全てモノクロですが点数が多く、40点以上の絵が収録されています。いわさきちひろさんの独特で柔らかい水彩画が好きな人におすすめです。

 

 

 

文春文庫 アンデルセン童話集 下(ハリー・クラーク 画、荒俣宏 訳)

ハリー・クラークの手掛けた挿絵が使われています。

クラシックで独特な絵柄で、書き込みが繊細です。

 

絵のない絵本だけでなく夜なきうぐいす、マッチ売りの少女、人魚姫など全10編収録されてお得かも。

 

 

 

福音館書店 絵のない絵本(I.S.オルセン 画、大塚 勇三 編・訳)

挿絵が全てカラー!

デンマークを代表する画家のI.S.オルセンが挿絵を手掛けています。

鉛筆と水彩の荒いタッチで、優しい雰囲気が良い感じ。
ハードカバー版もあり。